診療案内

小児一般診療
乳幼児健診
予防接種

乳幼児健診

お子さんの発達 成長を見守ります。
離乳食などの悩み、子育ての悩みも教えてください。
弱視のスクリーニングも行います。

診療の写真
一般診療、診療時間

担当医 :院長  副院長

休診日:水曜日午後・日曜日午後・祝日

●健診や育児相談は、子育て経験のある女性医師が担当します

担当 副院長 片野 千鶴子

体重が増えない、湿疹ができた、微熱が続く、おねしょが治らない、成長が遅い気がするなど、不安なことは早めにご相談ください。 熱や咳 下痢などの感染症症状から喘息や蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患、おねしょ(夜尿症)や便秘などのお子様の様々な症状をまずご相談ください。赤ちゃんのスキンケアにも力を入れています。

乳幼児健診予約

●1歳未満のお子さんは、乳児健診の無料券が使用できます。

お誕生日の前々日まで有効です。 長久手市では生後3~4か月健診、10か月児相談が保健センターで行われていますので、当院の健診を受けられる目安としては、生後1か月、5~6か月あるいは7~8か月、1歳前などのタイミングで利用していただくと良いかと思います。

※長久手市の定期健診について

●健診内容

*発達チェック
赤ちゃんの体の発育、運動や言葉、コミュニケーションの発達など、月齢と見合わせてチェックします。

*スキンケア指導
まだ未熟な赤ちゃんの皮膚を湿疹から守るためのスキンケア指導を行います。

スキンケア指導

*離乳食相談
離乳食が進まない、どんなものをどれだけあげたら良いのかわからない、アレルギーが心配などご相談ください。

*生活上の事故防止
1〜14歳までの死亡原因 の上位を不慮の事故(予期できない事故のこと)が占めています。転落、誤飲、溺水など起こしやすい場所や環境など、日常家庭で気をつける点についてお話します。

*弱視スクリーニング
当院ではお子さんの近視、遠視、乱視、斜視などを検出することが可能なスクリーニング機器を導入しております。痛みもなく、数秒で検査出来ます。早期に発見することにより、将来弱視状態になることを予防できます。

スキンケア指導

弱視スクリーニング

●より専門的なご相談も承ります

食物アレルギーの負荷試験など、より専門的な相談・診療を行っております。(予約制)

●来院された赤ちゃんのために、非感染待合室を設けてあります

非感染待合室をご利用いただくことで、空間的にも感染症の危険性を避けるように考慮しています。
非感染待合室は一般待合室とは空調も別にしています。
(同伴の方が風邪症状のあるときは非感染待合のご利用をお断りする場合があります。
一般感染症の患者さんと時間的に区別しています。

非感染待合室写真