インフォメーション

4月からの定期予防接種について

令和6年4月1日より5種混合ワクチン(5混)の接種が可能となります。

これは、従来の4種混合ワクチン(百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオ)にヒブワクチン(インフルエンザ菌b型)成分を混合し開発されたワクチンです。

4月以降に初めてワクチンを接種される赤ちゃんから対象になりますので、5種混合でご予約下さい。

しかし、4種混合+ヒブワクチンを1回でも接種されている方は5種混合に切り替えての効果が証明されていませんので、これまで通りの4種混合+ヒブワクチンで接種をご予約下さい。

また、肺炎球菌ワクチンは、これまでの13価(13種類の亜型に対応する)のプレベナーが使用されてきましたが、4月1日より15価(15種類に対応)のバクニュバンスに切り替えます。こちらはこれまでプレベナーを接種されている方も切り替えての効果も認められています。